TOP施設紹介診療案内クリニック案内リハビリ情報

肘周辺の症状 野球で痛めた方

痛みでお困りの患者さんへ

肘周辺の症状 野球で痛めた方

来院された場合の負担額

3割負担額
初診 約 4,000円(検査、リハビリ込)
再診 約 800円 〜 1,500円
MRI検査が必要な場合 + 4,500円

症状

  • 投げると肘が痛い
  • 肘が伸びない
  • 曲がらない

診断

野球肘 (内側障害/外側障害/後方障害)

検査/治療

まずレントゲンやMRIにより画像検査を受けて頂きます。

骨や関節の明らかな異常が見つかった場合は、医師と相談しながら再び投げれる状態を目指して治療をしていきます。

野球肘の中でも、特に外側障害(約50人に1人)は重症化しやすく注意が必要です。骨の壊死がひどければ手術を受けなければなりません。 早期に発見することで手術を回避でき、復帰が早まることが報告されています。おかしいなと思ったらすぐに医師に相談しましょう。

理学療法

頻度が最も多い内側障害(約4人に1人)の典型例では、2~3週間(ときに2~3ヵ月)のノースロー期間を設け、その間に理学療法を受けます。

治療では肘だけでなく投球動作に関連する全身の柔軟性や筋機能(筋力)などのチェックを受けた上で、個々に合った治療を受けて頂きます。

投球開始後はさらに1~2月かけて徐々に投球強度を上げて実戦復帰していきます。

texture和光整形外科

総合受付 TEL 082-929-4600
リハビリ予約 TEL 050-5830-2458
訪問・通所リハ TEL 082-299-2205
FAX 082-929-1005
午前 -
午後 - -

access_time診療時間

午前 09:00〜12:30
午後 15:00〜18:30
土曜 13時まで

today休診日

日曜・祝日

place住所

広島県広島市佐伯区八幡東2丁目28-8-7